メディカルバックマニュアルは、もうご覧になりましたか??

新年明けましておめでとうございます。

2020年は、自国開催のオリンピックイヤー
関わっている
spolinkJAPANのメンバーも方々で活躍されています。

そんな多職種多競技のスペシャリストのいるspolinkJAPANメンバー内で、
盛り上がるのが、メディカルバックの中身

メディカルバックマニュアルは、もうご覧になりましたか??

メディカルバックマニュアルをアップしました!

〇メディカルバックマニュアルは、もうご覧になりましたか??

spolinkJAPAN 関口満です

spolinkJAPANのマニュアルの中でも、メディカルバックは、
【準備】に特化したものです。

カテゴリーやトレーナーの有無問わず、スポーツチームに携わる方は、
是非読んでおいてくださいね。

メディカルバックは、スポーツ活動を行う場合には必須のツールです。

〇事前に出来る準備

スポーツ活動を行う時には、いつ外傷が起こるかわかりません。

事前に出来る準備としてのメディカルバック

備えあれば憂いなしです。

競技毎に、起こるアクシデントは変わりますので、
都度必要なものを、事前に用意しておく必要があります。

また、マニュアルにもありますがアレルギーの有無など
事前情報があると、より安心ですよね。

意外とアクシデントが起こらないからと、
使う人が中身を知らなくて、当日慌てるケースもあります。

場合によっては、応急対応が出来なくなることも、、、

メディカルバックは、事前に出来る準備なので
今のメディカルバックの中身の確認と共に再度確認してみてくださいね。

〇これは知りませんでした

spolinkJAPAN内でのディスカッションでも、
話題に上がったのが【スイムキャップ】

接触のあるスポーツでの、頭部の止血用に使うアイテムとして、
メディカルバックマニュアルでも
のツールとして紹介されてます。

テーピングでの処置で、剥がれたりズレてしまうことも多いこともあり、
止血帯として使われるケースが見られます。

今回のディスカッションはサッカーブラジル代表で使われていた事がきっかけでしたが、
調べるとエイバルの乾選手や、ガンバ大阪の選手の止血で使われるケースもあります。

ディスカッションでも、柔道やラグビー、ハンドボールに携わるトレーナーさんからも、
止血用に使うことに肯定的な意見が多かったです。

spolinkJAPAN内のディスカッションでは、他競技、他職種の方々が意見をぶつけ合うので、
新たな発見も多く、日々の仕事をアップデートする機会にもなります。

〇まとめ

スポーツ活動を行う際は、メディカルバックの中身を確認して、
いつでも利用できるようにしておきましょう

メディカルバックマニュアルをアップしました!

またspolinkJAPAN内でのディスカッションで、行われたように
日々アップデートすることで、少しずつ良いメディカルバックを
皆さんで作り上げていけたらいいですよね。

spolinkJAPANでは、これからも良い情報をお伝えし、
より良いスポーツ現場になるよう尽力してまいります。

2020年も、よろしくお願いいたします。

トップページ

関連記事

  1. Spolink JAPANとMSOの合同オフ会

  2. 再開までに出来ること

  3. 第1回zoom座談会を開催しました!!

  4. 第2回Zoomミーティング

  5. 再開直後は、熱中症にご用心

  6. Spolink JAPANウェブカンファレンス「足関節捻挫」