あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師とは

あん摩マッサージ指圧師とは、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。

いわゆるマッサージを医療目的として行えるのは医師とあん摩マッサージ指圧師だけです。

主に施術院、病院、介護施設、スポーツ業界で活躍しています。

あん摩・マッサージ・指圧とは

あん摩とは、古代中国で生まれ、衣服の上から中枢(心臓)から末梢(手足)に向かって行う施術です。

マッサージとは、ヨーロッパで生まれ、肌に直接オイルやタルクをつけて、末梢から中枢に向かって行う施術です。

指圧とは、古法あん摩、導引(古代中国の呼吸・体操法)、柔道の活法を合わせた、一点圧を主体とした日本独特の施術方法です。

 

あん摩同様衣服の上から中枢から末梢に向かって施術を行います。

そして、これらは全て東洋医学の考えに基づき施術をし、効果は各手技で多少異なります。

 

また、医師の同意書があれば「筋麻痺」と「関節拘縮」は保険適用できます。

例えば、怪我や手術後の障害、脳血管障害などで起こったものなどです。

スポーツとの関わり

筋肉をほぐす、疲労回復目的が多いですが、違った目的でも施術を行います。

例えば、コンディション(ストレスや内臓の調整など)を整えたり、怪我の早期回復を促したり、怪我や手術後の関節拘縮を取り除いたり、競技前に行いパフォーマンスアップさせたりなど、目的によって手技も変わります。

ヨーロッパのスポーツチームでは、オイルやクリームを使ったマッサージを行うことが多いです。

 

スポーツ業界において、マッサージは切っても切り離すことができないものです。

これは一般の方にも同じことが言えます。

慰安目的ではなく、痛みや体調に対するサポートをしっかり行うことがあん摩マッサージ指圧師の務めだと考えられます

関連記事

  1. カイロプラクター

  2. 鍼灸師

  3. CSCS・NSCA-CPT

  4. 医師

  5. 作業療法士

  6. 柔道整復師