理学療法士

理学療法士とは

厚生労働省認定の医療国家資格です。

理学療法士は、医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者をいいます。

理学療法とは

「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マツサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいいます。

理学療法士は運動機能回復することに長けています。

活動の場は、医療・福祉・介護を始め、スポーツ現場や予防医療まで多岐に渡ります。

スポーツとの関わり

スポーツ分野における理学療法士の活動内容は、アスリートに対するケガからの復帰に向けてのリハビリテーションやトレーニング、あるいは再発予防やパフォーマンス向上のためのトレーニングの提供はもちろん、一般のスポーツ選手に対するリハビリテーションや競技サポート、あるいは予防医学をベースとした地域における啓蒙活動や健康体操の実施まで、非常に幅広いものとなっています。

勤務先も病院などの医療機関からトレーニング施設、介護施設、自費開業など多様化が進んでいます。

いずれの場合においても、対象者がより充実したスポーツ活動や生活を送れるようにサポートすることが、理学療法士にとって重要な役割であると考えられます。

関連記事

  1. 管理栄養士

  2. あん摩マッサージ指圧師

  3. 鍼灸師

  4. 医師

  5. CSCS・NSCA-CPT

  6. 柔道整復師