再開直後は、熱中症にご用心

緊急事態宣言解除

5月25日 緊急事態宣言の解除が発表されました。

徐々に、スポーツ活動も再開されていく見込みです。
プロ野球も、開幕が決定しましたね。

注意すべきは、、、

スポーツ活動を、再開するクラブ、チームも増えてくると思います。

感染予防の注意や、移動などの感染拡大に対する対策や

筋力・心肺機能、バランス感覚なども含めて、懸念点が多いわけですが

意外と、忘れがちなのが、「熱中症」

自粛期間が始まって、気が付けば、もう5月25日

3月の平均気温が、10.7度 5月は、19.0度 (気象庁)

随分と、季節が進んでいますし、気温に身体が順応できるか不安点でもあります。

そこで、SpolinkJAPANマニュアル「熱中症」編 

こちらオススメです。

熱中症現場マニュアル

 

コーチも、トレーナーも、現場を離れて、時間が経ってます。

再開に喜び、思い切り運動することも重要ですが、熱中症などリスクを考えておく必要があります。

そして、もちろん強度含めた外傷も注意

先に再開した、ブンデスリーガでも、このような状態になってます。

長かった自粛からの解放は、喜ばしいですが、現場には不安も一杯

少しでも、ケガや不調から選手を守るためにも

SpolinkJAPANも、マニュアルも、お役立てください

熱中症現場マニュアル

関連記事

  1. 第8回オンラインセミナー「スポーツ内科医のすべらない話~スポーツ貧血~」

  2. Spolink JAPANに入って良かったこと

  3. 第4回Spolinkオンラインセミナー「スポーツと消化管のコンディショニング」

  4. 第10回Spolinkオンラインセミナー「アスリートの喘息とスポーツ内科の未来」

  5. 東京オリンピック・パラリンピック延期決定

  6. 第1回zoom座談会を開催しました!!