株式会社encounter × Spolink JAPAN オンラインセミナーが開催されました

皆様、お世話になっております。

くまモン医学生(@yo4_spoDr)と申します。

 

最近は新型コロナウイルスのニュースばかりで、なかなか明るいニュースを聞くことができませんね。

先の見えない辛い状況がしばらくの間、続くことが予想されています・・・。

家に一人でいると不安も大きいでしょうが、誰かとテレビ電話で話をしたり、軽く外の空気を吸ってみると、少し気持ちが和らぎますよ。

皆様も、くれぐれも体調にはお気をつけください!!

 


 

さて、このような状況ですが、今週からとてもありがたい取り組みが始まっています。

株式会社encounetr ×Spolink  JAPAN によるオンラインセミナー

 

 

Encounter Seminar Onlineで週2本以上無料オンラインセミナーを開始|Youtubeチャンネルも要チェック!

なんと無料で有名な先生方のお話を聞くことができるんです!!!

これから約半年にわたって、毎週2本(月曜日、木曜日)+ 不定期セミナー

をオンラインで聞くことができるようです。

・◯◯先生の話を聞きたかったけど、地方に住んでいるためなかなか聞きに行けなかった

・自粛中の学習ツールに困っていた

・一緒に頑張って学習する仲間が欲しい

そんな方に是非おすすめしたいです!

 


 

ということで、早速聴講させていただきました!

4月22日(火)

●オーストラリアでフィジコとして活躍されている葛山元基さんによる

『海外留学とオーストラリアのPhysiotherapyについて』

『Evidenceに基づく足関節評価と治療-Evidenceの考え方-』に関するセミナー

・オーストラリア移住までの英語の学習

・オーストラリアのでPTの資格取得に至るまで

・オーストラリアの医療体制 など

サムネイル①

 

4月24日(木)

●Spolink JAPANコアメンバーの杉本将さんによる

『スポーツで繋がる医療体制』に関するセミナー

・Spolink JAPAN発足後の医療連携例

・Spolink JAPANマニュアルの活用例 など

サムネイル②

講演後には、オンライン懇親会も行われました。

セミナーには最大150名の方が参加し、セミナー後の懇親会にも約90名と多くの方が参加されていました。

セミナー中にはチャットを利用した質問も行われましたが、参加者からの質問に対して、参加者の先生方に答えていただけるなど、多方向での情報のやりとりが行われていました。

実際に現場で使っているツールについての情報共有

→ LINE、Slack、Skype、Trello、Googleスプレッドシートなどの無料アプリに加え、某企業の有料ツール

各チームで情報共有に使用されているツールには様々な特徴や、その導入費用、各ツールのメリット/デメリット、データ管理者の苦悩など

・海外のトレーナー事情

→日本と欧州で、フィジオ/トレーナーに求められることの違いなど

指導現場と医療者の繋がり(医療体制)の現状について

公立と私立、部活動とクラブチーム、競技によって、やはり大きな差があること

・学生トレーナーとして活動する上でのアドバイス

→学生でも参加可能な救急対応実習や、スポーツ医学検定などの勉強ツールがあること

・女性アスリートに対する問題

→婦人科でスポーツに関わるドクターがまだまだ少ない現状があるが、東京大学病院や順天堂大学病院には女性アスリート外来が存在すること

などなど、活発な議論が行われていました。

 

懇親会参加者の様子

時間の関係上、セミナー中に答えていただけなかった質問に対しても、懇親会にて答えていただくことができました。

今回のセミナーにて参加者の方からいただいた質問を踏まえて、Spolink現場マニュアルも改訂されました。

 

今回にのセミナーに関しては、後日encounter seminar onlineのyoutubeチャンネル

動画が上がるようですので、詳しくは是非そちらの動画も参考にされてください。

参加者の方はチャットも利用しながら、気軽に質問することができるなど、オンラインならではの強みもありそうです!

オフラインはオフラインで実際に体を触ったり、実際に動いて評価してもらえる強みもありますが、オンラインにはオンラインで交通費がかからない、距離が関係なくなるなどの良い点が、かなり沢山ありそうです。

実際、今回も日本とオーストラリアをリアルタイムで繋いでの講演でしたので、世界中の方とオンラインでつながることができる便利さを実感しました。

新型コロナウイルスの影響で、今後は働き方を始め、色々な物事に変化が出ると言われていますが、変化に適応し、順応していくことも必要になってきそうですね。

 

来週以降も、楽しみなセミナーが目白押しです!

みなさま、是非ZOOM上でお会いしましょう!

 

 

大変な状況は続きますが、共に頑張っていきましょう!!

 

#おうち時間

#STAYHOME

関連記事

  1. 救急箱に入れて欲しい SpolinkJAPANマニュアル

  2. SplinkJAPANクラウドファウンディングを活用せよ

  3. 東京オリンピック・パラリンピック延期決定

  4. Spolink JAPANとMSOの合同オフ会

  5. 第4回Spolinkオンラインセミナー「スポーツと消化管のコンディショニング」

  6. 第1回zoom座談会を開催しました!!