【第33回 Spolink & encounterセミナーレポート】

【第33 Spolink & encounterセミナーレポート】
2021年海外トレーナーへのロードマップ 〜世界で活躍するための思考法〜

2C5F4B6F-8420-4F64-ACE2-BD61011FB658.jpg

 

みなさん、こんにちは。ブログ班の錦戸です。

1月13日に行われたセミナーですが、ぜひご紹介したいと思い、振り返ってレポートにまとめました。

僕自身が、海外で活動しており、ここでの内容は共感できることばかりでした。

「海外に出るうえで、どんな勉強をすればいいですか?」

この質問される方、多いのではないでしょうか?

どんな勉強よりも、このような経験者のお話を聞くこと、これが非常に重要だと感じております。

 

担当講師

SpolinkJAPANの代表 奥村正樹さん。

様々な国で、数多くの経験をされている方です。

その中でもイギリスとタイでの活動をもとに、海外で活躍するための具体的な方法について話していただきました。

行動を起こす大切さ

奥村さんのお話の中で、何度も出てきたキーワードの一つが「行動」

特に海外の案件は前々から来るわけではなく、、、、

 

「突然のタイミングや、思いがけないきっかけで、舞い降りてくることがほとんどである。そこで、即決して行動することが大切」

だとおっしゃっておりました。

そうは言ってもただ待つのではなく、まずは自分から行動。

奥村さん自身はイギリスにいた際、クラブチームに直接メッセージを送ったり、知人との繋がりから機会を探ったりされていたようです。

様々なアクションを起こしている中で、道が開けていくことが伝わりました。

 

思い切った挑戦

もう一つ、僕に突き刺さった言葉が「人と同じことをしていてチャンスはない」

社会の目や意見が気になって、なかなか行動が起こせない方もいらっしゃるかもしれません。

ところが「他と違う」ということは、一つの大事な武器になりうると僕も考えております。

日本ではない、別の地域に行くだけでもそこでは周りと違う存在になれる。

特に日本人の勤勉さや、能力は、相当な強みになると感じております。

海外挑戦というのは、金銭や語学など巨大な壁が立ちはだかるイメージを持つ方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、それらの障壁はいざやってみると実際は何とかなるようなことばかり。

「やりたいことがあるなら、熱量が冷めないうちに思い切って挑戦する」

これは、とても重要なことだと僕も考えています。

 

個が連携することで、よりよいサポートへ

SpolinkJAPANを立ち上げるきっかけとなった、タイでの経験はまさに僕自身も同じ大きな悩みの一つでした。

このコミュニティを通して、問題を解決することができ、非常に助かっています。

多種多様な職業の方々が連携するネットワークを築いており、自分の専門ではない分野に関して気軽に相談することができます。

さらには日本全国様々な所で活動されている方が所属しているので、クライアントの紹介なども可能となっております。

モンゴルで活動していると、常に一人で何とかするしかなったのです。

しかし今では、SpolinkJAPAN をフル活用させていただいております。

 

参加者の声

 

 

最後に

今回のセミナーは海外に興味を持つ方には聴講していただきたい内容でした。

もちろん、そうでない方にもお勧めします。

すでに終わってしまったものではありますが、

Encounterの有料プランを登録するか、SpolinkJAPANに入っていただくとアーカイブが見ることができます。

今後は、20214月に4期生の募集が予定されています。

興味がある方はぜひ思い切って応募してみてください。

ほぼ毎週、様々なテーマでセミナーが開催されております。

こちらはどなたでも無料です。気軽に参加してみてください。

4FF839E1-1C37-4F57-A219-CDF129B44E34.jpg

関連記事

  1. ブログ班 新メンバー紹介 錦戸雅俊 編

  2. 第4回Spolinkオンラインセミナー「スポーツと消化管のコンディショニング」

  3. SpolinkJAPANの使い方・スポーツ現場のEAP(緊急時行動計画)〜EAP作成のポイントと実例〜セミナーレポート

  4. アナフィラキシーマニュアルが公開されました!

  5. 【第38回 Spolink & encounterセミナーレポート】消化吸収と腸内環境を意識した体づくりとリカバリー|アーゼライトの取り組み

  6. 【第42回 Spolink & encounterセミナー】エコーが繋いでくれた縁 ~若手スポーツ医ができる地域貢献・連携~